サンヨーリフォーム

サンヨーリフォーム株式会社

サンヨーリフォームは、暮らし手の想いを大切に、ご家族が快適に暮らせる住まいづくりのお手伝いをいたします。

TOPページリフォームのご案内施工実例 > 05 兵庫県 O様邸
こだわりのキッチンを導入、白を基調とした開放的なLDK”
    兵庫県 O様邸

二世帯住宅を意識して1階部分を増改築

娘さんとの将来的な二世帯同居を見据え、まずは1階のリフォームに踏み切ったO様。 「サンヨーホームズさんの軽量鉄骨は大胆なリフォームができないのでは…との勝手な誤解も、営業の吉田さんの話をうかがい、すぐに解消しました」とは奥さま。 主なリフォームの内容は、自宅正面側に主寝室を増築し、北側に奥まっていたキッチンを移設することでした。
特に思い入れが強かったキッチンは、「グリーンゲイブルズ」のオリジナルキッチンを使いたいとのリクエストでした。 「快く受け入れていただき、しかもコストを抑えられたのは、サンヨーリフォームさんの交渉力があったからこそ」とは、奥様の言葉。 天板を人工大理石でなく真っ白なタイルにしたのは、「自然のものだからこそ、目地の汚れも家族の歴史になる」と考えたため。 これに合わせ、LDKのフローリングや扉なども白を基調にコーディネートされています。
また、新しいキッチンに勝手口を設置し、窓の位置を変えたことによる採光性アップに加え、LDKと和室を仕切る袖壁を撤去してさらなる広がりを演出。 「明るく開放的で、夏は涼しく、冬は暖か」とご夫婦も満足の快適空間へと生まれ変わりました。

以前キッチンだった場所は書斎に

トイレも最新の機器へ入れ替え

浴室は1616へサイズアップ

手前に張り出した部分が増築部分

増築部分は現在はユーティリティスペースとして使用

もともとキッチンがあったスペースは、クローゼットを併設した書斎に変更。トイレは最新の機器へ入れ替えました。 また、浴室は機能性の高いものへ交換するとともに、1216から1616の1坪サイズへ変更しました。 ご主人の楽器演奏も想定し、公園に面する玄関側に主寝室を増築。見た目にはわからないほど既存部分と一体化しています。 明るい3面採光で、現在は書斎とともにユーティリティースペースとして利用されています。
REFORM DATA

屋根・外装・外廻り

増築/屋根工事/外壁塗装/窓変更・勝手口追加工事/立水栓・防水パン追加

水廻り

システムキッチン設置/システムバス取り替え/トイレ取り替え

内装

(LDK)フローリング工事/クロス張り替え工事/出入口変更工事/電気工事
(和室)袖壁撤去工事
(書斎・主寝室)フローリング工事/壁・天井クロス張り替え
●将来、二世帯同居時の主寝室を見込んだ増築部分は、現在広いユーティリティとして活用。
●増築部分は住まいの正面でもあるため屋根形状などを慎重に設計・施工。
●南西に視界が開けた日差しあふれる開放的なキッチンを設計。
●耐力壁の配置を検討して窓を移設し、キッチンには勝手口を新設。
●和室のリビング側にあった耐力壁ではない袖壁を撤去して、一体感のある広い空間を実現。
お客様

キッチンの希望が叶えられ、増築部分も違和感なし

システムキッチンはリフォームを前提に、あちこち回って見つけたものです。 私たちとしては規定の製品以外なので言い出しにくかったのですが、インテリアショップとの打ち合わせを含めて対応はとてもスムーズ。 廊下の物入れをなくして部屋を広げることで、このように大きなキッチンを入れることができました。 将来の主寝室に考えている増築部分についても、外から見てもまったく違和感がありません。

担当スタッフ

サンヨーホームズの軽量鉄骨の強みは、リフォームしやすいことです

O様は「軽量鉄骨はリフォームが難しい」と誤解されていたようですが、むしろサンヨーホームズの構造躯体は手軽にリフォームしやすいのが強み。 勝手口の移設や和室の袖壁の撤去などを行うことができたのも、その好例でしょう。 また、今回の増築部分はお住まいの顔ともいえる玄関側にあたるため、屋根の納まりなど一体的に見えるように気遣いました。
サンヨーリフォーム 営業/吉田 武司